過ごしやすい空間をつくる

キッチンのリフォーム

キッチンのリフォームを行なうことで住宅環境は大きく変わることが有ります。例えば向きを変えるだけでも開放的になったり、また雰囲気が異なることも有ります。キッチン自体を変えることも有ります。

エアコンの取付

エアコンを取り替えるという時はまずは工事をすることが大切でしょう。業者に依頼することでスムーズな作業が可能になり、故障の原因を減らすことも可能です。また高所での作業も伴い危険の場合もあります。

光熱費の削減

原発の利用停止などに伴う電気料金の高騰が止まる様子を見せない中、電気料金の節約に励んでいる方の数は少なくないでしょう。エアコンをクリーニングすることで大分光熱費を抑えられることが知られています。

防音対策

ドラム練習による音はどのように制御されてきたのか

ドラムの練習をする時はピアノよりも防音対策が大変だと言えるかもしれません。 では、今までどのような対策が取られていたのかというと、まず、家にはドラムを置かず、練習は基本的に防音工事がなされているスタジオで行うというものです。また、お金に余裕がある場合は、地下室、あるいは防音工事済みの部屋にドラムを置いて練習するという方法も取られています。防音工事をしていない部屋で練習をする場合、ドラムの上にゴムのパットを置いて音が出ないようにするという方法もあります。 最近増えているのは、電子ドラムを使うという方法で、これも素材的に叩いても音はまったく響かないものの、ヘッドホンで聞くとちゃんとドラムの音がするというものです。

今後考えられる練習環境

では、今後、ドラム練習の環境はどのようになっていくのでしょうか。まず一番考えられるのは、電子ドラムが更に普及していくということです。置き場所さえあれば、本物を叩くのとまったく同じ練習が出来ますし、ミキサーなどを使えば、ギターやベースなどの音をヘッドホンで聞きながら叩いて合わせるということも簡単に出来ます。 ただ、あくまでも本物を叩きたいという場合は、部屋の防音工事を行うということになるでしょう。現在、楽器の練習スタジオはそれほど多いわけではないので、家では叩けないのでスタジオで叩くということも簡単に出来ません。そうであれば、家で叩けるようにしようと考える人もそれなりの数、出てくると考えられます。